季節の花便り

まつまえこうえん

北海道のお花見人気スポットといえば、道南松前町にある松前公園の桜が最も有名です。

 

ここの250種類、1万本以上にものぼる桜は全国的にも有数の桜の名所として知られており、日本さくらの会からは「さくらの里」と言う称号も贈られている程です。

 

桜の見頃を迎える4月の下旬から5月に中旬にかけては、公園内の道路沿いにぼんぼりが1,000個ほど点灯され、松前城のライトアップと同時に夜桜をたのしむ見物客達を盛り上げてくれるはずです。

 

また、道央小樽市の手宮公園の桜も道民の間では桜の名所として有名でしょう。

 

この公園は高台にあり、小さな丘みたいになっている為、ソメイヨシノ、エゾヤマザクラ、チシマザクラを中心とした約700本もの桜が一斉に咲き誇る時期には、外からもスバラシイ桜を眺めることが出来ます。

 

小樽随一の桜のスポットであり、夜にはライトアップもされることから毎年多数の花見客で賑わいを見せているのです。

 

小樽市には、小樽公園といった桜の名所もあります。

 

ここの公園には樹木が豊富にあり、桜の見頃となる5月中旬には約1,000本の桜と約7,000本の小樽市の花でもあるツツジをみることが出来ます。

 

ほかにも、クリやナラ、シラカバなどの五十種類、合わせて4,300本もの木々が植えられており、小樽市民の憩いの場としても親しまれている公園です。

 

そのほかにも、北海道で桜が有名なスポットには、道央札幌市の円山公園、道東帯広市の緑ケ丘公園、道南新ひだか町の二十間道路桜並木などがあります

2011/08/24 22:16:24 桜の名所を追いかけて