季節の花便り

太宰府天満宮

九州での梅の名所の一部を紹介したいと思います。

 

福岡県
・太宰府天満宮・・・太宰府で亡くなった菅原道真公を祀る神社です。
梅の名所とはいえ、学問の神様としてのイメージが強いでしょう。
見頃は1月下旬から3月中旬頃です。
極早咲〜遅咲、197種類の梅を見ることが出来るはずです。
約6000本の梅があって、「曲水の宴」という平安時代の宮中行事を再現したイベントが梅満開の中、催されます。

 

・谷川梅林・・・梅の栽培のために植えられている梅林です。
2月中旬から3月上旬が見頃で、約30000本の梅が植えられています。
見頃の時期には、「夢たちばな観梅会」が催されているのです。

 

佐賀県
・牛尾梅林・・・主に梅の実を取るための梅林で、種類は「白加賀」「三徳」「鶯宿」の3種類のみです。
22ヘクタールに約13000本の梅が植えられているでしょう。
見頃は2月中旬から3月上旬頃で、梅の開花時期には梅まつりが行われます。

 

大分県
・おおくぼ台梅園・・・日田市にある梅園です。
見頃は2月下旬から3月中旬で、約6000本の梅があるみたいです。
毎年、「日田おおやま梅まつり」が開催されているんです。

 

長崎県
・島原城・・・鹿児島紅梅、豊後、白加賀なんかの梅が約285本植えられており、1月下旬から2月下旬が見頃です。

 

熊本県
・人吉梅園・・・白加賀、青軸、鶯宿などといった約4600本の梅が堪能でき、見頃は2月下旬から3月上旬です。
「人吉梅まつり」が開催されます。

 

鹿児島県
・藤川天神・・・藤川天神の境内に植えられている約150本の梅の木の中でも、50株の臥龍梅が必見です。
見頃は2月中旬から3月上旬です。

 

宮崎県
・かいごん塔・・・山の斜面に栽培された梅の畑で、観光用ではないんです。
2月中旬から2月下旬が見頃で、5000本くらいの梅が植えられています

続きを読む≫ 2011/08/24 22:07:24

梅の里公園

中国地方の梅の有名なところはどこからなのでしょうか?いくつかご紹介します。

 

 

岡山県
・梅の里公園・・・見頃は3月中旬です。
14品種、約2000本以上の梅が植えられています。
3月頃には梅祭りが行われる他、いろいろなイベントが催されるといわれています。
広い園内には、鹿児島紅梅・八重寒梅・寒紅しだれ梅・甲州小梅・鶯宿・南高などの梅が咲き誇ります。
展望台からは美しい梅が一望でき、絶景が楽しむ事が出来るはずです。

 

・神崎梅園・・・見頃は2月下旬〜3月上旬です。
本数は約500本あります。
開花時期には売店も開かれますし、梅まつりもおこなわれて、沢山の花見客で賑わっています。
結実期には、「梅ちぎり」が開催され、青梅の販売もおこなわれると思いますよ。

 

広島県
・ちゅーピーパーク・・・廿日市市大野町の高台にあるレジャー施設です。
見頃は2月中旬〜下旬で、約1000本の梅が堪能できるでしょう。

 

・満汐梅林・・・見頃は2月下旬〜3月中旬です。
約1000本の梅が植えられている菰口山北側の観光農園で、約2万平方メートルの敷地面積を誇ります。
花見まつりが行われて、大勢の花見客で賑わいることでしょうねし、梅の開花期間中は色々なイベントも催されます。

 

山口県
・防府天満宮・・・日本で始めに作られた天神様です。
菅原道真公をお祀りしているのです。
その境内には梅が咲き誇っており、見頃は2月中旬〜下旬だといえるはずです。
約十六種類、約1100本の梅があるようです。
2月中旬頃から3月初旬頃まで梅まつりが行われているでしょうね。
その間は色々な行事が催され、拝観料は無料です。

 

・冠山総合公園梅の里・・・見頃は2月上旬〜3月中旬で、約100種類、約2000本の梅があります。
2月上旬〜3月中旬頃には梅まつりが開催されますし、梅まつり期間中には?多くあるイベントが催されるでしょう

続きを読む≫ 2011/08/24 21:53:24

天満宮

2月頃になると、梅が見頃だとされているのです。
関西の梅の名所を幾つか紹介しましょう。

 

 

京都
・北野天満宮・・・菅原道真公をお祀りしています。
道真公は殊の外梅を愛していました。
そのため、北野天満宮も梅の名所として有名だと思います。
毎年2月〜3月頃に梅苑公開が行われます。
境内には50種類、1500本の梅があるんでしょうか。
早咲から晩咲の梅まであり、一ヶ月くらいは梅を愉しむことができるはずです。
道真公の命日にあたる2月25日には梅花祭が行われるでしょう。

 

大阪(通天閣、ビリケンさん、大阪城など名所もたくさんありますね)
・大阪城公園・・・約100種、1270本ほどの梅の木が植えられています。
早咲から遅咲までの種類が揃っていて、開花時期は2月中旬から3月上旬でしょう。
入園は自由で、入園料も無料の上、ペットの入園もできるでしょう。

 

奈良
・賀名生梅林・・・南朝のゆかりの里です。
北木曽の丘陵の麓から中腹まで2万本の梅が咲き誇ります。
2月下旬から3月中旬頃が見頃です。
1周するには、2時間から3時間は軽くかかると言われているようです。
奈良では月ケ瀬梅渓、広橋梅林と並ぶ梅の名所です。

 

滋賀
・彦根城梅林・・・庭園でも有名な彦根城ですが、紅白梅あわせて600本の数の梅があり、梅の名所としても知られているのです。
3月中旬から下旬頃には梅まつりが開催されています。
天守閣の前にも梅があり、満開になってしまったら天守閣が映えて美しい光景が見られるはずです。

 

和歌山
・紀州田辺梅林・・・有名な梅の里です。
標高400mの大蛇峰からは水平線を遠景に一面の梅畑を堪能することができます。
梅の本数は約30万本です。
見頃は2月上旬から3月上旬で、梅園も2月上旬から3月上旬頃まで開園しています。
期間中は日曜日に石神市が催されいます。

続きを読む≫ 2011/08/24 21:42:24

偕楽園

関東の梅で有名なところを幾つかご紹介したいと思います。

 

茨城
・偕楽園・・・いわずと知れた日本三大名園のひとつ(兼六園、後楽園、偕楽園)です。
約100品種、3000本の梅の木があるはずです。
2月下旬から3月頃になると、「水戸の梅祭り」が開催されます。
創設者は水戸徳川家第9代藩主の徳川斉昭です。
「白難波」「烈公梅」「江南所無」「月影」「虎の尾」「柳川枝垂」は、梅の中でも華麗さを誇り、水戸の六名木なのではないでしょうか。
梅が特に有名ですが、一年を通じて四季折々の風情がたのしめるでしょう。

 

東京都
・湯島天神・・・毎年2月上旬〜3月上旬頃に梅祭りが開催されるのです。
梅祭りでは、奉納演芸を見ることが出来るでしょう。
特に、野点や白梅太鼓は見逃せませんよ。
梅園の本数は300本で八割は白梅です。

 

・新宿御苑・・・毎年2月頃が梅の見頃です。
総数は約350本ほどです。
新宿にある都会のオアシスで、簡単に行くことが出来るでしょう。
皇室の庭園として造られましたが、今は環境庁の管轄となっています。

 

神奈川
・三溪園・・・見頃は2月中旬から3月上旬で、観梅会が開催されます。
昔から梅の名所として知られています。
梅の本数は約600本で、「臥竜梅」「緑萼梅」が珍しいです。
明治39年に実業家の原三溪によって公開された庭園です。

 

静岡県
・熱海(地球温暖化の影響で、少しずつ砂浜が減ってきているそうです)梅園・・・1月上旬〜3月上旬頃に梅祭りが開催される他、期間中には様々なイベントがあるようです。
開園は明治19年で、日本一早咲きの梅としてとても有名なことですよね。
早咲き、中咲き、遅咲きと順番に開花していく様を見ることが出来るでしょう。
品種は60品種で、本数は457本です

続きを読む≫ 2011/08/24 20:41:24

津軽フラワーセンター

関東では2月から3月が見頃の梅も、東北の方では4月から5月が見頃になります。

では、東北にはどのような梅の名所があるでしょう?幾つか紹介したいと思います。

 

青森県
・津軽フラワーセンター・・・標高142mの山にある自然公園です。
園内には約2000本の梅林があり、開花時期は四月下旬から5月上旬だといわれています。
園内にはキャンプ場やスキー場、少年自然の家などと言った施設があるようです。

 

岩手県
・黒石梅の里・・・開花は四月上旬〜4月中旬頃で、約800本の梅が栽培されています。
梅の産地(どこでとれたのかによって、意外と味が違ったりするものです)直売も行っている他、時期になってしまうとライブカメラでもその様子を見る事が可能です。

 

秋田県
・大屋梅・・・見頃は4月中旬で、約600本の梅が愉しめます。
民家に点在している梅が季節になってしまったら花を付けて美しい彩りを見せるだと言えるでしょう。

 

宮城県
・みちのく杜の湖畔公園・・・釜房ダム湖畔に作られた東北初の国営公園で、綺麗に整備されているのです。
見頃は4月上旬〜4月下旬で、梅の本数は約330本です。
梅だけでなく、時期によって桜やバンジーなども楽しめるのです。

 

福島県
・西田町梅の里・・・見頃は4月中旬で、梅の本数は約12000本です。
梅だけでなく、桜や桃も同時に楽しめ、晴れた日には安達太良山が一望可能になるのです。

 

山形県
・真室川公園・・・真室駅の北西800mにある小高い丘に存在している公園です。
見頃は4月下旬から5月上旬で、梅の本数は約400本以上です。
四月下旬には梅と桜が咲き誇って美しい風情を醸し出しており、真室川祭りがおこなわれる他、いろいろなイベントが催されるのです

続きを読む≫ 2011/08/24 20:30:24

三笠

北海道(冬のイメージが強いですが、夏の観光も魅力的です)の梅の開花時期は5月〜6月で、関東よりもずっと開花が遅いです。

 

関東の梅の季節に間に合わなかったという人は、北海道の梅を堪能してみてはいかがでしょうか?

 

それでは、北海道の梅の有名スポットをいくつかご紹介します。

 

 

・三笠梅林邦梅園・・・炭鉱住宅跡地に作られた梅園で、紅梅、豊後梅など、梅の本数は約10000本あると思います。

 

見頃は5月中旬で、その頃に、「みかさ梅まつり」が開催される他、様々なイベントが行われているものです。

 

 

・森と木の里センター・壮瞥公園・・・洞爺湖周辺に位置する公園で、湖畔側の斜面には約2万平方メートルに渡って梅林が広がります。

 

見頃は5月中旬〜下旬で、豊後梅が栽培されているのです。

 

梅の本数としては約300本とそれほど多くはありませんが、洞爺湖の青い色と梅の花の淡いピンクのコントラストは一見の価値があるでしょう。

 

周辺にも、昭和新山や洞爺湖温泉など、たくさんある観光スポットがあるため、梅の時期に限らず、たくさんの観光客が訪れます。

 

 

・狩勝高原梅園・・・狩勝峠の裾野に広がる高原に多々あるのです。

 

見頃は5月下旬〜6月上旬で、豊後梅が植えられており、その数は約1800本ほどです。

 

桜の名所としても知られています。

 

5月下旬頃には梅園祭りが行われます。

 

 

・平岡高原梅園・・・見頃は5月上旬〜下旬です。

 

紅梅、白梅が約1200本ほど栽培されています。

 

18時〜21時にはライトUPも行われます。

 

赤と白の色が入り交じって幻想的な美しさを醸し出しています。

 

近年ではライトの数も増えて、幻想的なムードに更に拍車がかかっていてロマンティックですよ。

 

梅の見頃の時期には売店ってあると思います

続きを読む≫ 2011/08/24 20:11:24